リタッチカラーとは。【美容師が白髪染めのコツも解説】


 

【カットが得意】

×

【大人女性】

×

【人気美容師全国口コミ第6位

(ozmall award)

 

代官山ぼたん美容室 ノギワユウマ

 

 

  • リタッチカラーとは何かが知りたい。
  • 何センチまでがリタッチカラーなんだろう。
  • リタッチカラーっていくらくらいするものなの。
  • 白髪染めのセルフリタッチカラーのコツを知りたい。

 

今回は、このようなことを知りたい方にこの記事を書いていきます

ぜひ正しい知識を学んでください。

 

 

【本記事のテーマ】

・リタッチカラーとは?【美容師がわかりやすく解説】

 

【本記事の内容】

・リタッチカラーとは

1-1. リタッチカラーとフルカラーの違いについて

1-2. 何センチがリタッチカラーなのか

1-3. リタッチカラーの相場

1-4. 白髪染めのリタッチカラーのコツ

 

【信頼性】

僕は現役の代官山美容師です。

僕のお客様は、20代後半~70代まで幅広い年齢層の方がご来店下さります。

特に、30代の女性が多く、本物志向の方を顧客に抱えています。

このようなお客様が多いので、ヘアカラーの知識は豊富で、信頼性につながると思います。

 

 

リタッチカラーとは?

1-1. リタッチカラーとフルカラーの違いについて

まずは、リタッチカラーとは何か。

 

聞いたことはある方も多いと思います。

この話をするためには、フルカラーの説明も一緒にしていきます。

 

リタッチカラー = 根元のみのヘアカラー

 

ヘアカラーを以前されていて、毛先の色に合わせて根元をカラーすることを、リタッチカラーと言います。

そしてフルカラーですが、これは逆にフル(全体)カラーというだけあり、毛先まで全てカラーすることを言います。

 

では、なぜ根元だけのリタッチカラーをする必要があるのでしょうか?

フルカラーをすればいいのではないか、と思いませんか。

その理由を説明していこうと思います。

 

□リタッチカラーをするときの理由。

  • 毛先の色は気に入っている
  • 毛先のダメージが気になり、カラーしたくないけど、根元の地毛が目立ってしまう。
  • 白髪をなんとかしたい。

 

□フルカラーをするときの理由。

  • 雰囲気を変えたい。
  • 毛先の色が明るくなってしまった。

 

ざっとこのようなことが挙げられます。

 

具体例。

毎月欠かさず白髪をカラーをしている方は、リタッチカラーがおすすめですね。

どうしても毛先のヘアカラーは褪色してしまいますよね。

そういった方は、このようなペースで、リタッチカラーとフルカラーをしていくといいと思います。 

  • 4月来店→カット+リタッチカラー。
  • 5月来店→リタッチカラーだけ。
  • 6月来店→カット+リタッチカラー。
  • 7月来店→リタッチカラーだけ。

このようなペースでヘアカラーをしていくと、ダメージが気にならずにヘアカラーをしていけると思います。

 

このようなデータがあります。

【白髪の対する意識調査/2017年】

参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000605.000011414.html

このデータによると、女性は60代、男性40代で白髪への抵抗感が低下するというものです。

つまり、女性は60代、男性は40代まで自身の白髪に悩むことがわかります。

仮に30歳で白髪が増えてきたとすると、約30年間悩み続けることになります。

それだけの長い年月を、いかにうまく白髪と付き合っていくというのは、とても重要なことというのがわかりますね。

 

 

1-2. 何センチがリタッチカラーなのか

根元のカラーのリタッチカラーといっても、一体何センチまでをリタッチカラーとするのか、おおよその幅が決まっています。

別の言い方を言うと、何センチ以上根元の染めていない部分があれば、リタッチカラーではなく、フルカラーをおすすめします。

 

どうしてかというのも、この後に書いていきます。

 

一般的にリタッチカラーは、3~5センチ以内です。

個人差はありますが、髪の毛というのは1ヶ月に1.0~1.5センチほど伸びると言われています。

つまり、3~5センチというのは、約3ヶ月で伸びる長さになります。

 

なので、前回のヘアカラーから3ヶ月以内でしたら、リタッチカラーが可能ということです。

 

【髪の毛が平均的に伸びる長さ】

  • 1ヶ月→1.0~1.5センチ
  • 2ヶ月→2.0~3.5センチ
  • 3ヶ月→3.0~4.5センチ

 

では、なぜ5センチ以上、根元の染めていない部分がある場合は、リタッチカラーではなくフルカラーがおすすめなのか。

リタッチカラーは、通常根元より少し暗めで染めていきます。

 

理由としては、リタッチカラーをする際に毛先の髪の毛はすでに色が抜け、褪色しかけている状態のことがあります。

色が抜け褪色すると明るくなっている状態なので、新たにリタッチカラーで染めた部分が褪色しても、毛先の明るさと遜色ないようにするために、少し暗めで染めていくのです。

 

さらに根元が暗めに染まっているのは、自然な状態でも綺麗に見えます。

こういったことを考えると、根元5センチ以上が暗めに染まってしまうと、全体的に暗めの部分が多くなってしまい、自然な状態で綺麗に見えなくなってしまいます。

なので、リタッチカラーが5センチ以内(3ヶ月以内)の理由なのです。

 

 

1-3. リタッチカラーとフルカラーの金額の違い

これはピンキリでしょう。

美容室の立地にもよりますし、今はヘアカラー専門店などもありますよね。

都内でいうと、リタッチカラーの相場としては6000円前後でしょう。

 

もちろん、お店によっては格安で3000円くらいでやっているお店もあります。

1番の違いとしては、薬剤です。

安い薬剤でヘアカラーをすれば、ダメージには繋がりますが、値段が安くしてリターンを早くする狙いがあるのでしょう。

 

それに対してフルカラーの相場は、都内だと7000円前後です。

こちらも格安だと、4000円くらいです。

  • リタッチカラー相場6000円前後
  • フルカラー相場7000円前後

 

根元だけのリタッチカラーに対して、全体を染めるフルカラーがプラス1000円なのは不思議だと思いますか?

材料費だけで考えると、リタッチカラーの方が利益率が良いです。

 

ですが、時間で考えるとリタッチカラーとフルカラーというのは対して変わりません。

 

リタッチカラーを塗る時間は10分~15分です。

そして、フルカラーは15分~20分かかります。

  • リタッチカラー時間15~20分
  • フルカラー時間15~20分

 

薬剤を置いていく時間は、ほぼ変わらないので、時間にして5分ほどの差しかありません。

時間というのは人件費です。

人件費では、リタッチカラーもフルカラーもほぼ同じということです。

 

なので、リタッチカラーとフルカラーで金額の違いがあまりないのは、人件費にほぼ差がないからといっていいでしょう。

 

 

1-4. 白髪染めのリタッチカラーのコツ

白髪が生えてくるとすぐ目立ちますよね。

リタッチカラーだけなら、セルフでやってしまおうという方もいると思います。

 

僕は美容師をやっているので、セルフカラーをおすすめはしませんが、世の中的になかなか美容室に行けないと思いますので、少しでも活用してもらえればなと思います。

 

セルフの白髪染めリタッチカラーのポイント

①塗る順番が大切。

②置くように塗ろう。

③ティッシュで蓋をしよう。

 

全部で3つのポイントがあります。

まずポイント①塗る順番が大切。

白髪染めは塗る順番がとても大切です。

白髪というのは、水分を弾く性質があります。

液体のカラー剤も同様で弾いてしまいます。

 

なので、白髪の多い部分はカラー剤を弾いてしまい、染まりづらい部分ということです。

染まりづらいということは、染まるまでに時間がかかるということです。

 

つまり、まず初めに塗っていくところは、白髪の多い染まりづらい部分から塗っていくことが大切なのです。

また、白髪が多くなくても、目立ちやすい部分もあります。

例えば、こめかみだったり、分け目です。

この部分も初めに方に、塗っていくことをおすすめします。

 

次にポイント②置くように塗ろう。

ポイント①で白髪の多い部分から塗っていきましたが、これだとまだ少し足りないです。

 

なので、カラー剤を塗るというよりかは、上からカラー剤を置くようなイメージで塗るといいでしょう。

コツとしては、ブラシを寝かせてあげることです。

 

そしてポイント③ティッシュで蓋をしよう。

こちらは、すべてのリタッチカラーが終わったあとです。

おそらく、20分ほど塗った状態から時間をおいていくのですが、この時に白髪とカラー剤がしっかりと密着するように、ティッシュで蓋をします。

こうすることで、白髪がカラー剤に常に接した状態を保つことができるので、しっかりと染めることができるのです。

ポイントを3つとも、抑えることができれば、白髪もしっかりと染めることができるでしょう。

 

まずは、ぜひご自宅で試してみるのがいいでしょう。

リタッチカラーに限らず、少しでも疑問を感じたら、まずは美容師さんに相談することがいいでしょう。

自分だけで解決しようとするのではなく、一緒に解決してくれる【信頼のできる美容師さん】に相談することが大切です。

今の美容師さんというのは、お客様といつでもコミュニケーション取れるので、いつでも答えてくれます。

年齢を増せば増すほど、そんな一生任せられる美容師さんに出会うことが大切だと、僕は思っています。

 

まとめ。

・ 1-1. リタッチカラーとフルカラーの違いについて

→リタッチカラーは根元のみカラー。フルカラーは全体カラー。

・ 1-2. 何センチがリタッチカラーなのか

→3〜5センチ以内がリタッチカラー

・ 1-3. リタッチカラーの相場

→都内のリタッチカラー相場は6000円。

1-4. 白髪染めのリタッチカラーのコツ

①塗る順番が大切。②置くように塗ろう。③ティッシュで蓋をしよう。

 

 

ご予約についてはこちら。

こちらの記事を見てご予約をご希望の方や、気になって頂けた方はこちらをご覧ください。

ご予約方法は、3つの方法から承っております。

ご予約だけでなく、髪の毛のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

※代官山ぼたん美容室では、最後までしっかりとお時間を取らせて頂き、ゆっくりとしたお時間をくつろいで頂くため、ご予約の人数を制限させて頂いております。

 

📞03-6277-5950


ABOUTこの記事をかいた人

代官山ぼたん美容室スタイリストのノギワユウマです。 ・カットで1度も満足したことがない。 ・カットで失敗された経験がある。 ・カットなんてどこも一緒だと思ってる。 30代40代50代の大人女性の髪型は、カットで全てが変わります。 ショート・ボブ得意です。 ぜひ1度カットを体験しにきてください。