ヘアカタに載っているレイヤーとグラデーションとは!?ウルフスタイルやボブスタイルなど。


 

【3席の代官山美容室】

×

【完全マンツーマン】

 

代官山ぼたん美容室 ノギワユウマ

 

 

レイヤーとグラデーション。

最近はヘアカタにも書いてあったりと、聞いたことがある方もいると思います。

お客様
レイヤー、グラデーション入れてほしいです

お客様からこんな言葉を聞くこともあります。

 

本当のレイヤーやグラデーションの意味とはなんだと思いますか?

 

本当の意味というとなんだか妙ですが、間違った意味でつい言ってしまって思い描いていた髪型にならなかった。

そんなことには、なってほしくないです。

 

レイヤー・グラデーションとは!?

この2つの言葉は、カットの方法のことをいいます。

わかりやすい感じで言うと

レイヤーで切ると軽くなり

グラデーションで切ると重くなる。

 

ただ、ここで言っておきたいことがあります。

軽くしたいからレイヤーで切る。

重くしたいからグラデーションで切ればいいというものではないんです。

 

どういうことか。

なぜレイヤーで切ると軽くなるのか?

簡単に言うと、上の髪の毛を下の髪の毛より短く切っているということです。

こういうことですね。

わかりやすくいうと、大きな段が入っているということです。

段の幅が広いと言った方がわかりやすいですかね?

これでは、後頭部と襟足で書いていますが、上の髪の毛を下より短くすればレイヤーなので・・・・

これもレイヤーになります。

 

代表的な髪型でいうと、ウルフスタイルなどですかね。

頭頂部の髪の毛が短くて、襟足は長い髪型ですね。

 

続いてです。

なぜグラデーションで切ると重くなるのか?

グラデーションはレイヤーとは逆です。

上の髪の毛を下の髪の毛より長く切っているということです。

これも図で確認ください。

グラデーションは、小さな段ということです。

段の幅が狭いとも言えますね。

 

こちらの代表的な髪型だと、ボブスタイルですかね。

 

 

では、さっき言った

軽くしたいからレイヤーで切る。

重くしたいからグラデーションで切ればいいというものではない。

これの意味です。

 

量を調節するのではなくて、レイヤーやグラデーションで軽くする、重くする。

そうすると、髪の毛の長さ自体が変わってきてしまうということです。

 

たとえば、女の子が

お客様
顔回りは軽くしたいからレイヤーで切ってください。

顔回りをレイヤーで切るということは、顔回りが短くなるということ。

もしかしたら、顔回りを短くしたせいで、後ろで結ぶのに長さが足りなくなってしまった可能性もありますよね。

もちろん、美容師さんもちゃんと確認しないといけないです。

 

でも、不用意に言ってしまうとこういう事故にもつながる心配もありますよね。

当然、量の調節ではなく、レイヤーやグラデーションで重さを調節するメリットもたくさんあります。

それは追ってまた書いていきます。

 

この記事を見てレイヤーやグラデーションについてわかって頂けたらうれしいですね。

言葉を使ってはいけないということは全然ないので、希望の髪型になってくれたらなによりです。

 

また別の記事で、レイヤースタイルやグラデーションスタイルも載せていこうと思います。

 

ぜひ参考に!

では!

ご予約についてはこちら。

こちらの記事を見てご予約をご希望の方や、気になって頂けた方はこちらをご覧ください。

ご予約方法は、3つの方法から承っております。

ご予約だけでなく、髪の毛のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

※代官山ぼたん美容室では、最後までしっかりとお時間を取らせて頂き、ゆっくりとしたお時間をくつろいで頂くため、ご予約の人数を制限させて頂いております。

 

 

代官山ぼたん美容室のこだわり

【3席の美容室】 × 【完全マンツーマン】

についてご覧ください。

プライベートな【3席の代官山美容室】【完全マンツーマン】でくつろいだサロンタイムを。

 

📞03-6277-5950


ABOUTこの記事をかいた人

代官山ぼたん美容室スタイリストのノギワユウマです。 自分がまだ美容師でなく、お客様で美容室に行っていた時に、 『なぜカット以外は担当の人ではない人なのだろう?せっかく指名したんだから、最初から最後まで担当の人が良いのに。』 その気持ちがずっとあり、美容師になりました。 代官山ぼたん美容室では、担当者が最初から最後まで心を込めて接客させて頂きます。 【3席の代官山美容室】×【完全マンツーマン】のこだわりのお店にぜひお越しください。