黒染めは美容師泣かせ?その後明るくするのは難しい?なぜ美容師が必ず聞いてくるのか。


こんにちは!

代官山の小さな美容室ぼたんのノギワユウマです。

 

1度は黒染めを経験したことがある方っていますよね?

黒染めをしたことがなくても、美容室でカラーをするとき聞かれた方もいると思います。

 

野極
以前、黒染めってされたことありますか?

 

 

なぜ過去に黒染めをしたことがあるのか聞くのか?

聞いたことがあるかもしれないですが、過去に黒染めをすると簡単には明るくできないんです。

 

本当に明るくできないのか?

気になります。

 

気になったことはすぐ知りたいです。

 

 

黒染めした後に明るくできないのか検証。

2つの検証用の毛束を用意します。

 

ちょっと見ずらいですが、だいたい6〜7トーンくらいの明るさです。

 

 

まず1つの毛束を黒染めします。

 

実際の営業と似せるため20分放置です。

 

20分経ったところでしっかり洗います。

 

濡れているので、余計に暗く感じますがいい感じですね。

 

乾かしていき、見比べてみます。

 

左が黒染めをしたもので、右がまだなにもしていない毛束です。

 

ようやく検証用の毛束が揃ったので、ここからがスタートです。

 

 

黒染めをした髪の毛と、6〜7トーンの髪の毛を同じカラー剤で明るくすると違いはあるのか?

今回はLTという色素が入っていない明るくするだけのカラー剤で明るくしていきます。

ブリーチ剤とは違いますが、12〜13トーンくらいになる予想です。

 

ブリーチ剤を除くと、トップレベルで明るくなるカラー剤です。

 

さあ、明るくしていきましょう。

同時にカラー剤を塗っていき、誤差が出ないようにします。

 

明るくする限界までしたいため、念のため25分放置します。

 

25分の放置時間も時間がもったいので、25分を使いこちらの記事の検証も行っていました。

美容室でブラシとドライヤーを使う技術とは!?自分で髪の毛を乾かすのとなぜ違うのか。

 

この記事中に使っているこの写真をご覧ください。

 

よく見てくださいw

 

黒染めをしたときについてしまっていたようです。

カラーするときは、手袋した方がやっぱり良いみたいですw

 

話しを戻しましょう!

 

25分経ったので、確認します。

 

左が黒染めしたものです。

 

まだ洗う前ですが、黒染めしたものは明るくなっていない感じが伝わってきます。

 

よーく洗い、乾かして確認していきます。

黒染めをせずに、明るくした毛束

 

予想は少し暗かったですが、しっかり明るくなりましたね。

黒染めしてから、明るくした毛束

 

黒染めした直後というのもありますが、ほぼ明るくなってません。

 

 

見比べてみましょう。

 

完全に差が出ましたね。

 

 

結果

・黒染めをすると、容易に明るくできない。

・黒染め直後だと、なおさら明るくするのは難しい。

 

ブリーチや何度がカラーすれば、どうにか明るくできるかと思いますが、髪の毛には相当な負担ですよね。

もし明るくなったとしてもムラなどにはなりやすいですからね。

 

黒染めをしなくても、暗くできて、その後また明るくできる方法もあります。

 

ご相談があればぜひご連絡ください。

 

黒染めを考えている方はぜひ参考に!

 

では〜

 

ご予約についてはこちら。

こちらの記事を見てご予約をご希望の方や、気になって頂けた方はこちらをご覧ください。

ご予約方法は、3つの方法から承っております。

ご予約だけでなく、髪の毛のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

※代官山ぼたん美容室では、最後までしっかりとお時間を取らせて頂き、ゆっくりとしたお時間をくつろいで頂くため、ご予約の人数を制限させて頂いております。

 

📞03-6277-5950


ABOUTこの記事をかいた人

代官山ぼたん美容室スタイリストのノギワユウマです。 ・カットで1度も満足したことがない。 ・カットで失敗された経験がある。 ・カットなんてどこも一緒だと思ってる。 30代40代50代の大人女性の髪型は、カットで全てが変わります。 ショート・ボブ得意です。 ぜひ1度カットを体験しにきてください。