パーマをかけた日あなたはシャンプーをしますか?検証してみた。


こんにちは!
代官山ぼたん美容室のノギワユウマです。

僕はふと気になりました。

 

ぼーっとしているうちにふと気になったのです。

 

パーマをかけた日にシャンプーしていいのか?

img_0343

 

結構疑問に思ってる人多いと思うんですよね。

 

実際に美容室でもカラーのあとはシャンプーをしますが、パーマのあとはシャンプーしないお店が多いですよね。

 

 

気になります。僕は非常に気になっています。

もうムズムズしてきます。

img_2639

気になりすぎて少し顔が変形しましたね。

 

ですが今は僕の顔が少し歪んだことなどどうでもいいことです。

 

思い立ったらすぐ行動する人間です。

扱ってるメーカーさんに問い合わせてみましょう。

 

某メーカーさん
お電話ありがとうございます。◯◯です。どのようなご用件でしょうか?
野極
いつもお世話になっております。パーマについてお聞きしたいことがあり、お電話させて頂いたのですが。

パーマをかけた日はシャンプーしない方が良かったりするのでしょうか?美容室でもカラーのあとはシャンプーをしますが、パーマのあとはシャンプーしないところが多いですよね?

カールが取れやすくなってしまうのはわかるのですが、どうしてか教えてほしいです。

某メーカーさん
一概にシャンプーをしてはいけないというわけではないです。

実際にシャンプー成分でパーマが取れやすくなるいうわけではなく、物理的な刺激(例えばシャンプーの際に髪を引っ張ってしまうとかこすってしまうなど)によって取れやすくなります。

パーマをかけた直後というのは髪の毛の中が完全には安定しておらず、時間が経っていくと徐々に安定していくのです。

それと必要以上にトリートメントやコンディショナーをつけると重さでパーマが垂れてしまいます。濡れた髪の毛を乾かさないでいるのも同じように髪の毛が水分を含んだ重さで垂れてしまいます。

なので、美容室だとお客様のご希望のパーマをより楽しんで頂けるように、少しでもパーマが取れやすくなる可能性があるシャンプーをしないところが多いのです。

・・・・

・・・・

・・・・

img_2641
野極
………………なるほど。

では美容室でシャンプーをしていないからといってパーマのお薬が髪の毛に残ってダメージを与えるということはないのですか?

某メーカーさん
そこは問題ないです。

パーマの2液(最後につけるお薬)はカラーのお薬より濃度が低くなっており、よく流して頂ければ髪の毛にダメージを与えるということはないので安心してくだい。

 

なんとわかりやすく教えてくれるのか。

 

image

 

野極
いろいろとありがとうございました。勉強になりました。

さすがメーカーさんです。

質問に対する正確な答えが返ってきました。

こういうとこも見習わなければ。

 

img_0347

 

 

まとめ

・シャンプー剤自体にパーマを取れやすくする成分は入っていない。

・シャンプーをしても良いが引っ張ったり、こすったりせず泡立てる程度に優しくする。

・美容室でパーマのあとにシャンプーをしないからといって、髪の毛にダメージは与えない。

・必要以上にトリートメント(コンディショナー)をつけたり、髪の毛を乾かさないでいると、パーマが垂れやすくなってしまう。

ということです。

 

 

結果

美容室でスタイリング剤をつけてもらう方が多いと思うので、その日のうちに家でシャンプーをしたいという方は極力引っ張ったりこすらないように優しく泡立てる程度にシャンプーをしてもらい、トリートメント(コンディショナー)は必要最低限にして、ドライヤーですぐに乾かしてもらえれば問題ない。

 

次にパーマをかけられるときにぜひ実践してみてください。

 

では〜

 

 

ご予約についてはこちら。

こちらの記事を見てご予約をご希望の方や、気になって頂けた方はこちらをご覧ください。

ご予約方法は、3つの方法から承っております。

ご予約だけでなく、髪の毛のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

※代官山ぼたん美容室では、最後までしっかりとお時間を取らせて頂き、ゆっくりとしたお時間をくつろいで頂くため、ご予約の人数を制限させて頂いております。

 

📞03-6277-5950


ABOUTこの記事をかいた人

代官山ぼたん美容室スタイリストのノギワユウマです。 ・カットで1度も満足したことがない。 ・カットで失敗された経験がある。 ・カットなんてどこも一緒だと思ってる。 30代40代50代の大人女性の髪型は、カットで全てが変わります。 ショート・ボブ得意です。 ぜひ1度カットを体験しにきてください。